栄養マイスターオンラインの3つのポイント
無料体験版ダウンロード
ご検討中のお客様へ
ご注文について
お問合せはメールで
今すぐ使える無料体験版ダウンロード
グループ共有の場合
支店間・事業所間でのデータ共有
支店間・事業所間でのデータ共有
一つのグループという枠を設定し、その中に複数のユーザーを作りデータの共有を行います。 事業所間で一つのデータベースを共有が可能です。
使い方は、
全事業所が同じデータ(献立)を共有: 各事業所から同じデータベースにアクセスし同一データの共有を行います。
各事業所ごとの献立を共有: 「食種設定」機能を使用。
例)食種で「A事業所の普通食」「B事業所の普通食」という設定をしておけば、同じ献立でも食種ごとに登録管理でき、発注や統計管理も可能になります。

※インターネットカフェなど公共の環境では使用できない可能性があります。
※通信環境により起動時の表示速度に差が生じることがあります
学校での授業での活用
学校での授業での活用
一つのグループという枠を設定し、その中に複数のユーザーを作りデータの共有を行います。先生・生徒間で一つのデータベースを共有できます。

使い方は、
全生徒が同じデータ(献立)を共有:先生及び各生徒から同じデータベースにアクセスし同一データの共有を行います。

各生徒ごとの献立を共有:「食種設定」機能を使用。
例)食種で「A生徒の普通食」「B生徒の普通食」という設定をしておけば、同じ献立でも食種ごとに登録管理でき、発注や統計管理も可能です。


※インターネットカフェなど公共の環境では使用できない可能性があります。
※通信環境により起動時の表示速度に差が生じることがあります


【個人共有/グループ共有、どちらが適しているかご不明の方】
下のボタンをクリックしてください。診断チャートのページが表示されます。
無料体験版ダウンロード